よくある質問

配送について

送料はかかりますか?
はい、かかります。送料は別途$20いただいております。
商品注文後、どのくらいで届きますか?
国際普通郵便での配送となるため、ご注文より商品お届けまでに約15~20営業日(3~4週間)程度かかります。
返品は対応していますか?
個人輸入という特性上、発送後の返品は一切受け付けておりません。キャンセルの通知は買付前のみ受け付けております。キャンセルの方法は、LINEもしくはメールよりご依頼くださいませ。また、個人輸入は、何らかの事情で稀に通関できないことがございます。その場合、個人輸入においては、お支払いただいた商品代金等は返却されません。あらかじめご了承ください。

個人輸入について

個人輸入は合法なのでしょうか?
はい。特例を除き薬事法により規制を受ける対象の商品であっても、個人的に利用する目的で海外から商品を輸入することは合法的に認められております。転売などすれば違法となりますのでご注意ください。
デバイス系は、医療用器具として認識される結果、同時に輸入できるの量があるようです。5個までは一度に発送しておりますが、大量にご購入され没収された場合は、弊サイトでは保証いたしません。
関税はいくらかかりますか?
電子タバコ(ニコチン入りを含む)の輸入制限は月間1回で、数量はおよそ1ヶ月に使用する量としております。これとは別に免税で輸入できる金額の設定もあり、およそ16,000円が上限になります。それ以上の場合、関税が掛かってきますが、関税金額は通関時に確定するためこちらでは分り兼ねます。また、関税を請求された場合は、輸入者の個人負担でお願いしております。
関税はどうやって支払うのでしょうか?
商品の受け取り時に配達員から関税の請求があります。配達員に直接お支払いください。また、税関で止められた場合、お客様に税関から連絡が入ることがございます。その際、「個人輸入制限に沿って購入している」旨の説明をお願いします。
1度に購入できる規制はありますか?
ニコチン入りリキッドは薬事法において、個人使用における「1か月分以内」の個人輸入総量として「120ml以内を限度とする」という見解が、厚生労働省から提示されています。 交換用のカートリッジ4つで2.8mlのため40箱までご依頼が可能です。ニコチン入リキット(30ml)であれば4本までご依頼が可能となります。
日本円での領収書の発行はできますか?
アメリカUSドルでの決済となりますので日本円での領収書発行はご対応しておりません。ただし、PAYPAL決済時に日本円での表記がございますのでそちらを代用くださいませ。

JUULについて

1回の充電でどれくらい利用できますか?
パワフル充電1回で1-2日は余裕でご利用いただけます。もちろん利用回数によって個人差はありますが、アイコスの様に何度も入れ替えたりする手間がないのでコスパに優れております。
ニコチンはどのくらい含まれていますか?
カートリッジは1つに対して0.7ml、重量に対して5%のニコチンが含まれております。1つのカートリッジで約200回分の吸引に相当いたします。こちらはタバコ1箱分に相当致します。
USBチャージャーの寿命はどのくらいですか?
ご利用の頻度や個人差はございますがUSBチャージャーの寿命は、だいたい2年程度になります。2年程度使用していると、だんだんと充電してもすぐに電池がなくなるようになっていってしまいます。なので、だいたい2年くらいでJUUL本体を交換していただいた方がいいでしょう。また、長時間USBポートに挿したまま放置することはUSBチャージャーの寿命に影響します。JUUL本体はこちらより
液漏れはしますか?
カバンの中に入れて持ち運んだり、360°回転したり、通常の使用では液漏れはございません。高温の場所に長時間放置したりすると液漏れする場合がございます。
タバコの嫌なニオイはありますか?
ベイプから生み出される煙は水蒸気であり、タバコ葉の成分はまったく使用しないため、タバコ臭さは全くしません。また、ご利用になるカートリッジには「香料」が含まれていますのでフレーバーによっては、フルーツの香りや、甘い香りがするものがあります。

CBDについて

CBDは本当に大丈夫ですか?
日本の法律で禁止されているのはTHCといわれる成分になり、弊サイトで取り扱うCBD製品にはTHC成分は一切含まれておりませんので、法的にも何も問題ありません。
不純物なとは含まれていますか?
弊サイトで取り扱うCBD製品は完全無農薬の100%オーガニック麻を使用し、アメリカ国内で品質許可を得た最高品質が保証されたもののみを取り扱っております。また全ての製品に成分表があり、不純物は一切含まれていないことも証明されております。
副作用などはありませんか?
天然成分由来のカンナビノイドは、身体に安全な植物性化学成分でありますので、アメリカ国内でも一般的に悪評となる副作用の事例や報告はございません。世界各国で見てもCBD成分は身体の健康維持ぬ有効とされるサプリメントとして摂取されております。万が一、お体に合わないと感じたときはご使用をお控え下さいませ。