日本でもJUULが人気な理由

日本でもJUULが人気な理由

アイコスなどの電子タバコが日本でも人気になっていますが、今もっとも注目されている電子タバコがJUULといわれるサンフランシスコ発のリキッド式電子タバコです。

加熱式ではなくリキッド式ということで、コイルの交換やワット調整などの複雑な操作が必要ないことにくわえ、液漏れなどもないので、手軽に吸うことができるのが人気の理由と言えるでしょう。

さらにフレーバーについてもクールミントフレーバーやクリームブリュレフレーバーなど、様々なフレーバーが発売されており、これまでタバコはどうしても苦手だったという方などからも高い支持を得ています。

これらの点に加えて、洗練されたシンプルなデザインというのも人気の理由です。

本体にはボタンなどもなく、非常にシンプルでオシャレなデザインになっているだけでなく、わずか30gという軽さになっているので、持ち運びなどにも便利ですし、内蔵バッテリーもパワフルで1回充電するだけで1−2日使うことができ、充電の煩わしさも少ないのが特徴です。

このように非常に人気のあるJUULなのですが、日本の厚生労働省では認可されていないということで、現時点ではアメリカからの個人輸入でしか手に入れることができません。

投稿者について

VAPEUSA shop_manager

コメントを残す